西日本事業部 広島事務所 所長 細川 朋彦

2002年5月入社 広島事務所 所長 細川 朋彦

-入社の経緯は?
私は大学時代に都市計画の授業を受講し、街づくりに関することに興味を持っていました。
大学の授業で都市の作りとか、都市環境、生活環境にしても、モノを売るということではなく、考えながら提案できるコンサルティング会社は良いなと思い、大学の先生に「街づくりに関する会社に就職したい」と言ったら、就職課の方に弊社を紹介され入社しました。

実力でお客様からの信頼を獲得しないといけない

-入社前のイメージと入社してから感じた事は?
入社して感じた事は、この業界は、実力でお客さんの信頼を勝ち取る業界なんだなぁと思い「お客さんから信頼を得ないと、仕事にならない」と、入社して改めて実感しました。
一度お客様と信頼を築ければ、営業マンに直接仕事が入ってくるのを見てて、紹介の紹介で仕事が入っているのを目の当たりにしました。

自分の仕事が目に見える形になる

-仕事の魅力は?
自分が作った計画が最終的には冊子になったり、地方自治体のWEBサイトに掲載されたりもします。
交通量調査のデータが、国土交通省さんや地方自治体さんの記者発表で、数字を発表され、新聞に掲載されたりする際には、自分の仕事が目に見える形になることに魅力に感じて、入社される人もいらっしゃいますね。

全国の仕事を受注していきたい!

-広島事務所をこれからどのように発展させていきたいですか?
広島に拠点を構えているお客様が少ないので、広島県以外のお客様との接点を増やしていこうと考えています。

現時点でも四国のお客様ともお付き合いをしていますが、調査以外の仕事はどこにいてもできますので、広島に拠点を置きながら、名古屋や北陸、そして全国のお客様とお付き合いをしていきたいです。

失敗しても次回挽回してやるぞ!

-どの様な人に来てほしいのか?
やる気のある方、積極的にチャレンジする方ですね。もちろん技術的な面で不安されると思いますが、失敗を恐れずに仕事をこなし、「失敗しても次回挽回してやるぞ」っていう気持ちのある方は活躍できると思います。

弊社に興味を持たれた方は、是非お問い合わせください

アルバイト・社員採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー>