西日本事業部 広島事務所 社員インタビュー

広島事務所に同時期に入社した、若手の3人に話を聞いてみました。

-入社の経緯は?

2013年8月入社 広島事務所 企画調査部 主任 今畑 涼

私は高校卒業後、大阪で働いていたのですが、25歳になって、地元広島に帰って働きたいと思い、地元で就職活動をしていました。もともと乗り物や、交通公共機関に乗るのが好きだったので、交通に携わる仕事は自分に身近な仕事だと感じ弊社に入社しました。

弊社では交通量調査、アンケートなど様々な調査業務があるのですが、今私が特に取り組んでいるのは、事故対策業務になります。
交通事故が多いところで、どの様にしたら事故が減るのかなどの対策を現地に行ってみて、分析して、対策を考える業務をここ数年やっています。

2014年5月入社 広島事務所 企画調査部 主任 平内 絵里奈

私は元々飲食店で働いていて、最初は内勤のアルバイトで入社しました。入社後、「社員になってみない?」と今の上司に誘われ、社員になりました。
現在は交通調査のデータを基に、市町村の防災や、街づくりに関する様々な計画を作る仕事をメインでやっています。

仕事の中で勉強している面が強く、調べものをしたり、法律の条文を読んだり、国が出しているガイドラインを読んだりしています。
アルバイトの時と違うのは、自分の裁量が増えて、自分で仕事の進め方を調整できるようになったのは、非常に良かったですね。

2014年7月入社 広島事務所 企画調査部 主任 肥後 芳穂

私は元々飲食業に携わっていて、当時は食の仕事は一生無くならないと考えて働いたのですが、交通も同じように無くなることは無く、安定して仕事があり続けると思い入社しました。私は調査業務がメインで、最近だとビデオを使った調査を多く担当しています。

-入社前と入社後のギャップは?
今畑
入社して感じたのは、風通しは凄い良いなぁと思いましたね。特に人間関係の煩わしさはほとんどないですね。

肥後
上司が、頻繁に体調面等気遣ってくれたりするので、面倒見の良い会社だと思います。仕事で困った時には、上司が最後には助けてくれることが多いですね。また業務量なども気にかけてくれる人が多いなと感じます。

-難しかった、苦労した仕事は?
肥後
入社してすぐにビデオの調査で、夜間の映像を撮る必要があったのですが、少しボヤけて撮影してしまい、撮りたい映像を上手く撮ることができず、もう一回撮影しにいったことはありましたね。

平内
私は入社して1年目、地域防災計画を改定する業務があって、300ページ文章があるのを1ページ、1ページめくりながら、法律が変わった箇所を追加したり、わかりにくい個所を修正したりしながらずっと作業をしていました。
1つの単語を調べるだけでもとても時間がかかっていたので、その時はとても大変でしたね。最初は遅かったのですが、徐々にスピードが上がりましたね。

今振り返ると、知識は相当身に付きましたし、計画書を作ることには慣れましたね。

今畑
私が去年担当した業務で、土砂災害の警戒区域をパソコンのソフト上で設定する仕事があったのですが、自分の作業で土地の値段が大きく変わる可能性がありました。
自分の仕事次第で、その土地に家を建てられなくなってしまったり、今住んでいる方の土地の資産価値も変わってきてしまうので、非常に気を使いました。


-仕事で大事にしていることは?
今畑
アーバントラフィックの今畑だからと言う訳ではなく、「今畑涼」という個人と付き合ってもらえる様な仕事ができる様に心掛けていますね。
元々上司のお客さんが、今は自分のお客さんになっていることが多く、自分が部下や後輩ができた時に、お客さんを引き継がなければいけないので、自分のお客さんを作らなければいけないという気持ちは強いですね。

平内
私はコミュニケーションを特に注意しています。
仲良くするとか、礼儀正しくするとかではなくて、「お客様が何を望んでいるのか?」「どんなものをイメージしているのか?」「どんなものが嫌なのか?」ということを、しっかり聞き出す様に心掛けています。
細かい所は私たちが一番知っているのですが、それをただ結果だけを形にするのではなく、根拠を示して、相手が分かりにくい用語は最初から分かる様に記載するなど、細かい点まで配慮する様にしています。

我々が思っていることを理解して頂き、「お互いに認識を共有する」ことは、時間はかかるのですが、結果仕事がスムーズにいくので、大事にしていますね。

肥後
お客様の担当者から、自分に指名で仕事の話が来ることが多いので、担当者と密にやり取りをして、「また仕事をお願いしよう」と思ってもらえるように心掛けています。
いざ仕事が来たら期待に応えれる様に頑張ってますね。前職でも自分の仕事にはこだわりは持って「この仕事は誰にも負けない」という気持ちでやってましたね。その気持ちが今もあると思いますね。

―どんな時にやりがいを感じますか?
平内
私は主に計画を作る業務中心なので、成果物として、〇〇計画という冊子ができるので、それができた時と、その計画が地方自治体のWEBサイト上に公開された時は、出来上がったモノが目に見えるので、とてもやりがいや達成感を感じますね。

今畑
確かに自分の名前ではなく、自治体の名前で地方自治体のWEBサイト上に公開されるので責任は感じますね。私は調査で色々な地域に行くので、今まで行った事のない地域のことを知ることができ、その地域の美味しいものを食べたりすることも、この仕事の醍醐味の一つかもしれませんね笑

肥後
自分が関わった交通量調査を通じて、数年後に新しく道路ができていたり、信号ができているのを見ると、この仕事をやって良かったと感じますね。

―今後はどんな仕事にチャレンジしたいと考えていますか?
今畑
今は自治体向けの仕事が多いので、今後は民間の大型商業店舗の出店計画の調査はやってみたいですね。
例えば通量調査をして、どこに出入り口を作ると、渋滞せずにお客様の出入りがスムーズにいくかなどを計画するのですが、そういう仕事の方が地方自治体よりも形になるスピードが早いので、チャンスがあればチャレンジしたいですね。

肥後
社内にビッグデータを解析することが得意な人が居るので、その人と組んでビッグデータを活用した仕事にはチャレンジしてみたいです。

平内
私は今の上司を観てると、自分はまだまだだと感じる機会があり、やればやるほど天井が高いので、今の仕事をこのまま頑張って、将来的には子育てしながらでも働き続けたいですね。

―どんな方だと弊社で活躍できると思いますか?
今畑
弊社はとにかくチャレンジ精神旺盛な人が集まっているので「やったことが無いので、できません」という考えの方よりも、やったこと無くても、「やってみます!と」いう性格の人が向ていると思いますね。

肥後
確かにそうだね

平内
自分でこれをやりたいと上司に伝えると、ドンドンやらせてもらえる環境なので、向上心があってチャレンジ精神が強い方だと向ている職場だと思いますね。

弊社に興味を持たれた方は、是非お問い合わせください

アルバイト・社員採用エントリーはこちら

求人採用/エントリー>